るりやま墓苑のうつろい

こんにちは!岡部るりやま墓苑です!
夏も暑さもやわらぎ、過ごしやすい季節になってきましたね^^

7月にオープンしたるりやま墓苑も早いことで3ヶ月がたちました!
蝉の声であふれていた墓苑内も、今や秋の虫の声が響き、
確かな季節の移ろいを感じる今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

オープン当初はアジサイがまだちらほらと。
お隣の稲荷神社入口にもルドベキアが咲き誇っていました。

 

アジサイといえば、光泰寺の駐車場に
アジサイが植えてあるのですが、
少し変わった形のガクがとても愛らしいのです^^

墓苑内のアジサイもふくめ
来年が楽しみです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月には光泰寺の境内に植えてあるサルスベリがピンクの花を盛大に咲かせてくれました。
世話人の萩原さんという方が少しわけてくださり、合祀塔のお供えが豪華に^^
季節の花をお供えできるのは嬉しいです。

 

満開時期を逃した写真ですが
満開の時はそれは見事でした!
こちらは光泰寺本堂横にある
池の横のサルスベリです。

 

 

 

 

9月にはいるとヤブランが咲き始めました!
あまりの夏の暑さと日照りで心配だった開花も、9月中旬にはこんなにたくさん^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

淡い紫の花がとても上品で美しく癒されます^^
斑入りの葉も苑内をあかるくしてくれるので、
とても雰囲気がよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ時期に苑内のサツキの間をかいくぐっていっぱい生えてきちゃうツユクサも
るりやまの名に似つかわしい青の綺麗な花を咲かせてくれるので、
ほどよく残してみたり。放っておくと大変な事になりますが…(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

お彼岸には示し合わせたように彼岸花がたくさん!
光泰寺駐車場からるりやま墓苑に入る小径が紅に染まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月に突入した墓苑内は、彼岸花は終わりを迎え、
ヤブランはもう少しの間その姿を楽しませてくれそうです。

 

 

 

 

 

 

これから秋が深まっていくと楽しみなのが
光泰寺の駐車場からるりやま墓苑にはいる入口脇にある
イチョウの木と、大きなスギの木です。

イチョウの木、黄色く色づいた姿を見れるのはいつ頃でしょうか、ワクワクです♪

そして杉の木。墓苑オープン当初から遠目にも大きな卵型の緑の実を
たくさんつけていました。
スギの名がつきますが、マツ科の木で、その実は熟していくと茶色くなって、
種をとばすために下の部分がバラバラになるそうです。

↓これがバラバラになった片鱗

 

 

 

 

 

 

 

上の部分だけはバラバラにならずに、残った姿がバラのようなので
シダーローズとよばれ、クラフトの素材として人気なのだとか。

片鱗が落ちているという事は、シダーローズも落ちているはずと
探してみるも見つからず…
これからもっと落ちてくるだろうことを期待。


3ヶ月の間にもいろいろな移り変わりをみせてくれた
岡部るりやま墓苑でした^^
これからも時の移ろいを随時お伝えできればと思います。

お気軽にお散歩がてら
どうぞお立ち寄りください。

前の記事

ペット供養のご案内